保存されているメールをRe:lationにて受信する場合

  1. Gmailの設定画面に移動します。
    Gmailにログインし、右上のギアアイコンより [設定] をクリックします。
    Gmail設定画面へ
  2. [メール転送とPOP/IMAP] のタブをクリックします。

  3. [すべてのメールでPOPを有効にする] を選択しします。

  4. [POPでメールにアクセスする場合…] で [Gmailのメールを受信トレイに残す] を選択します。

  5. 設定画面の下の方にある [変更を保存] をクリックして設定完了です。
  6. gmail-settings
    この設定方法については下記にも掲載されています。

  7. Re:lationにて受信したい受信箱の、右上のギアアイコンより [送受信設定] をクリックします。
    Gmail設定例_転送1
  8. [受信メール設定] の POP3サーバ横の [+] をクリックします。
    Gmail設定例_POP1
  9. 左下の [詳細設定] リンクをクリックします。
    Gmail設定例_POP2
  10. POP3受信設定の詳細設定画面にて、下記の通りに設定します。

    受信メールサーバ pop.gmail.com
    ポート番号 995
    認証ユーザ名 お使いの Gmail のメールアドレス(例: abc@gmail.com)
    認証パスワード 上記の Gmail のパスワード
    認証方式 通常のパスワード認証
    接続の保護 SSL/TLS
    SSL証明書の検証をおこなう チェックは入れたまま
    受信サーバのメールについて Gmail は一度受信したメールはPOP3から再度受信することは
    できないようになっていますので、この設定は無視してください
    (どれを選択しても動きは変わりません)

    Gmail設定例_POP3

  11. 入力できましたら [認証テスト] をクリックしてください。「認証に成功しました。」が表示されれば設定は完了です。
    Gmail設定例_POP4

認証テストにてエラーが発生する場合

認証テストにてエラーとなる場合は、エラーメッセージの内容を元に下記のように対応してください。

  • -ERR [AUTH] Username and password not accepted.
    Gmail設定例_POP5
    入力した「認証ユーザ名」か「認証パスワード」が間違っていると上記のエラーとなります。
    この場合、この「認証ユーザ名」と「認証パスワード」で正しくGmail(https://mail.google.com)にアクセスできるか確認した後、もう一度正しく入力し直してください。
    それでも同じエラーが出る場合は、下記設定を行ってください。
  • -ERR [AUTH] Web login required
    Gmail設定例_POP6
    前述の「1~5の設定」が行われていることを確認してください。
    それでもエラーが発生する場合は、https://myaccount.google.com/ より
    「ログインとセキュリティ」をクリックして表示される「接続済みのアプリとサイト」に移動する。
    「安全性の低いアプリの許可」を「有効」にしてください。
    Gmail設定例_POP7
  • Gmailではパスワードをアプリ内に登録するアプリケーションを「安全性の低いアプリ」と呼んでいるようです。
    Re:lationの安全性が低いという意味ではありませんのでご安心ください。