メールの送信設定をするには

ご注意

設定には[管理者]または[マネージャ]のいずれかの権限が必要です。

Re:lationの送信サーバーを使った設定(設定がカンタンです)

設定方法

  1. 右上にある[設定]ギアアイコンをクリックし [送受信設定] を選択、「送信アドレスを追加」をクリックしてください。
    welcome1_setting
  2. 「送信メール設定」を選択し [Re:lationの送信サーバ] 右の「+」マークをクリックして必要な情報を入力してください。
    tenso1_meil_set入力項目は下記の通りです。

    送信アドレス名 送信者として表示したい名称を設定してください
    (例:株式会社インゲージ)
    メールアドレス 送信メールアドレスを入力してください
    (例:info@ingage.jp)
  3. 必要な情報を入力し [作成] をクリックして保存することで、そのメールアドレスが送信アドレスとして利用できるようになります。

この設定ではメール送信サーバーにRe:lationを使用します。設定はカンタンですが受信先のメールソフトがMicrosoft OutlookやLotus Notesなど一部のメールソフトでは受信したメールに「リレーションが代理で返信いたしました」や「リレーション経由」といった表示がされます。これは、お使いのドメインとは異なるサーバーからメールが送信されるためです。
これを表示させたくない場合は下記の「外部送信サーバーを設定するには」の設定をご利用ください。

外部送信サーバーを設定するには(上級者向け)

ご注意

フリープランではこの設定はご利用いただけません。

  1. 外部送信サーバーを使用する場合は「送信メール設定」を選択し [既定のSMTP送信サーバ] 右の「+」マークをクリックして必要な情報を入力してください。
    pop_setting2
  2. 入力項目は下記の通りです。

    サーバアドレス 送信サーバ(SMTPサーバ)を入力してください
    ポート番号 送信の際に使用するポート番号を入力してください
    認証ユーザ名 送信サーバへのアクセスIDを入力してください
    認証パスワード 送信サーバへのアクセスパスワードを入力してください
    認証方式 認証方式を「認証なし」「平文のパスワード認証(PLAIN)」「平文のパスワード認証(LOGIN)」から選択してください
    接続の保護 送信サーバ接続時の方法を「なし」「STARTTLS」「SSL/TLS」から選択してください
    SSL証明書 通常は「SSL証明書の検証をおこなう」にチェックを入れたままにしてください
    (チェックを外すと、証明書の検証をせずにアクセスを行います)
    受信サーバのメールについて 指定がなければ「14日間だけメールを残す」で構いません
  3. [認証テスト] をクリックすることでテスト送信を行います。
    正しく設定されている場合、この設定を行っている受信箱の「未対応」にテストメールが届きます。(設定が正しければ緑のチェックマークが入ります)

楽天あんしんメール用サーバを設定した際は [テスト送信] 機能はご利用できません。設定が正しくても「送信エラー」となりますのでご注意ください。

楽天あんしんメール用サーバを設定についてはこちらをご覧ください

使いやすさのヒント

Re:lationから送信したいメールアドレスが複数ある場合は、それぞれのメールアカウント全てを設定してください。その際に、デフォルトで選択したいメールアカウントを設定することもできます。

すでに作成した設定を編集したり、削除する場合もこのメニューから行えます。

mail_default