Office 365(Outlook.com)での設定例(POP3による受信)

Office 365(Outlook.com)のメールをRe:lationにて受信する場合

  1. Outlook.comの設定画面に移動します。
    Outlook.comにログインし、右上のギアアイコンより [オプション] をクリックします。
    Outloolの設定_POP1
  2. 「アカウント」のところにある [POPとIMAP] をクリックします。
    Outloolの設定_POP2
  3. 「POPオプション」で、[はい] を選択します。

  4. 次に、[デバイスやアプリによるOutlookからのメッセージの削除を許可しません。代わりに、メッセージを専用のPOPフォルダーに移動します。] を選択します。

  5. [保存] をクリックして設定完了です。
    Outloolの設定_POP3
  6. Re:lationにて受信したい受信箱の、右上のギアアイコンより [送受信設定] をクリックします。
    Gmail設定例_転送1
  7. [受信メール設定] の POP3サーバ横の [+] をクリックします。
    Gmail設定例_POP1
  8. 左下の [詳細設定] リンクをクリックします。
    Gmail設定例_POP2
  9. POP3受信設定の詳細設定画面にて、下記の通りに設定します。

    受信メールサーバ pop-mail.outlook.com
    ポート番号 995
    認証ユーザ名 お使いの Outlook.com のメールアドレス(例: abc@outlook.jp)
    認証パスワード 上記の Outlook.com のパスワード
    認証方式 通常のパスワード認証
    接続の保護 SSL/TLS
    SSL証明書の検証をおこなう チェックは入れたまま
    受信サーバのメールについて メールをサーバーに残さないか、何日間残すかを選択してください。
    「無期限にメールを残す」は新着メールの確認に時間が
    かかってしまいますので無料トライアル以外では
    選択しないでください。

    Outloolの設定_POP4

  10. 入力できましたら [認証テスト] をクリックしてください。
    「認証に成功しました。」が表示されれば設定は完了です。
    Outloolの設定_POP5

    認証テストにてエラーが発生する場合

    認証テストにてエラーとなる場合は、エラーメッセージの内容を元に下記のように対応してください。

  • -ERR Login to your account via a web browser to verify your account.
    Outloolの設定_POP6
    入力内容は正しいのですが、新な方法(Re:lation)にて Outlook.com へアクセスしようとしている為、不正アクセスとみなされ「拒否」されている状況です。
    この場合、Outlook.com の受信ボックスに、Microsoft からアカウントの確認メールが届きます。
    Outloolの設定_POP7
    [最近のアクティビティを確認する] をクリックし、Re:lation からのサインインがお客様自身によるもので、不正ではないという証明の登録を行ってください。
    その後、再度認証テストを行ってください。