企業ブランドを向上するメール Re:lation が画面デザインを一新

2016年6月8日

株式会社インゲージ(本社: 大阪府大阪市、代表取締役: 和田哲也)は、2016年6月6日に、対応漏れをゼロにする画期的なメールサービス「Re:lation(リレーション)」の画面デザインを刷新した新バージョン Re:lation 4 をリリースいたしましたのでご案内いたします。

main1

Re:lation 4 での変更点:

Re:lationはこれまでひとつの画面にチケットの一覧表示と本文表示が混在する2カラム方式をとっていました。Re:laton 4ではこれを一新し、チケット一覧画面と本文表示はそれぞれ別の画面といたしました。これにより、これまで以上に一度に多くのチケット(※1)を確認することができるようになりました。(従来比200%〜300%)

また、多くの利用者に好評をいただいておりますタイムライン表示に表示するチケットは、メールアドレス相手とのやりとりに加え、そのメールアドレスが含まれるチケットも表示するようにいたしました。これにより、より直感的にタイムラインを活用できるようになりました。

画面のデザインの良さもRe:lationの特徴のひとつですが、デザイン性をいかしつつ、チケット一覧表示・本文表示を切り分けることで、よりシンプルかつ目的の情報を探しやすいデザイン構成としています。

Re:lation(リレーション)について:

Re:lationは新時代のメールサービスです。従来メールのひとつのIDにひとつの受信箱という概念を打ち破り、複数のメンバーがそれぞれのIDでメールにアクセスできるようになります。そのため、送られてくるお問い合わせメールの返信を誰が・いつ行ったのかがわかるようになります。管理者は、受信したメールそれぞれに対し、あらかじめ担当者を設定することも可能です。各担当者が、どれだけのメールを担当しているか、担当中のものがいくつあるかも一目でわかります。

また、現在ではLINE(※2)などメッセージングサービスを業務に取り入れている企業も増えてきています。メッセージングサービスは、各送信者毎に会話がまとめられるので、これまでのやりとりの流れを知るには最適ですが、反面、会話を案件として把握することが難しく、チャットを続ける中で必要な案件が埋もれてしまう問題がどうしても発生してしまいます。Re:lationは、メールサービスでありながら、これまでのやりとりを各送信者毎に時系列で表示するタイムライン機能を搭載しています。そのため、数ヶ月・数年前のやりとりも簡単に確認することができますから、個々の送信者と背景を理解した深いコミュニケーションが行えるようになります。

加えて、Re:lationはアクティブサポート(※3)にも対応しています。企業への悪評・クレームは昨今、ソーシャルネットワーク上で展開されることにより、素早く、大きく伝播され、企業がその事実を知ったときにはすでに炎上となっているケースが増えてきています。Re:lationはTwitterにも対応しているため、ご利用のTwitterアカウントをRe:lation内に登録するだけで、そのアカウントに向けて発信されたツイートもメールと同様に一元的に表示されるようになります。加えて、ビジネスに関連するキーワードを登録すると、そのキーワードを含むツイートも自動的に取得・表示を行います。ツイートに対して、Re:lation上でメール同様のオペレーションで返事を行うこともできるため、メールのワークフローはそのままに、アクティブサポートを行うことが可能となります。

これらをはじめ、数々の特徴によりRe:lationはユーザーから高い支持を受けており、サービス開始から僅か1年7ヶ月で170社を超える企業で利用されています。

クラウドサービスについて:

Re:lationはクラウドサービスとして提供されます。インターネットに接続されていれば、世界中のどこからでも利用できます(※4)。また、ソフトウェアのインストール無しに利用できますので、利用するPCが壊れても別のPCにて引き続き利用することができます。データはクラウドサーバによりセキュリティ高く保管されますので、利用する企業側でのITコストを大幅に下げることが可能となります。

サーバーはオンプレミス・クラウドを問わず管理運営者のセキュリティにかかる高度なマネジメントが必要となります。株式会社インゲージは情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格であるISO27001 (ISMS)の取得企業であり、お客様の貴重なデータをしっかりとお守りする体制を敷いております。

Re:lation(リレーション)の主な機能:

  • 複数メンバーによるメールの共有
  • 二重返信の回避
  • タイムラインによる各送信者とのやりとり表示
  • ezweb(キャリアメール)でのメールの送受信(有償オプション)
  • SNS炎上監視(アクティブサポート)
  • 上司承認機能
  • 担当者振り分け機能
  • コメント入力
  • 進捗確認
  • 返信・送信テンプレート
  • 返信・送信アドレス選択
  • 担当者不在時対応
  • 迷惑メールブロック

関連リンク:

利用環境:

  • インターネット接続環境
  • Windows, Macに対応
  • Internet Explorer 10以降・Edge・Chrome・Firefox・Safariブラウザ

※1 メール・ツイート・電話メモといった相手とのやりとり
※2 LINE株式会社が提供するメッセージングサービス
※3 SNS上に投稿された自社サービス・製品に関する情報を見つけ、企業側からアプローチしてサポートを申し出る手法
※4 接続できるネットワーク環境を限定することも可能(プランにより設定)

本リリースに関するお問い合わせ:

株式会社インゲージ 広報担当
大阪府大阪市北区角田町1-12 阪急ファイブアネックスビル the hive
e-mail: contact@ingage.jp
tel: 06-6809-5294