メール管理の新基準「Re:lation(リレーション)」12.11アップデート

メール管理の新基準「Re:lation(リレーション)」12.11アップデート

メールの課題を解決するクラウド型メール管理ソフト「Re:lation(リレーション)」にて12/5に下記のアップデートを行いましたのでご連絡いたします。

アップデート内容

  • 当社サポートとのチャット機能の有効・無効をユーザー毎に設定できるようにしました。設定するには「システム設定」-「ユーザ設定」画面にて行います。(アカウントオーナー権限が必要)
  • メッセージ(メール、ツイート)のマージ・分離機能を追加しました。これにより別スレッドにメッセージを分けることができます。
    マージ・分離機能を使うには、分離したいメッセージにて下図のようにしてください。
    マージ

  • これまで「返事待ち」としていたステータスを「保留」と変更しました。
    これに合わせまして、「保留」にはサブカテゴリを作成できるようにしました。(最大10個まで)
    保留理由の作成は「設定」画面内の下図から行えます。
    保留理由

  • ダッシュボードの過去◯日の設定にて、当日を含んでしまう問題を修正しました。
  • ダッシュボード表示時にウィンドウ幅を横に広げるとグラフの日が重複してしまう問題を修正しました。
  • ダッシュボードにて、期間を変更しても「7日間の平均時間」という文言のままになっている問題を修正しました。
  • ツイッターのダイレクトメッセージのユーザ画像が表示されない問題を修正しました。
  • favicon を設定しました。お使いのブラウザにて下図のようにアイコンが表示されます。(ご利用状況によって、表示されるようになるまでに時間がかかることがあります)
    favicon

  • Relation から送った添付ファイル付きのメールが、一部のメールクライアントにて添付ファイルが本文に表示されてしまう問題を修正しました。

Re:lationの詳しい情報は下記のサイトからご覧いただけます。

Share this post

Start typing and press Enter to search

Shopping Cart