ご注意

アドレス帳のインポートには、その受信箱の[管理者]の権限が必要です。

他のシステムにて作成されたアドレス帳データをRe:lationにインポートするには下記のようにします。

  1. アドレス帳をインポートしたい受信箱を表示します。
  2. 画面右上のギアマークから [アドレス帳] を選択します。
  3. 図のように [インポート] のアイコンをクリックします。
  4. インポートファイルをドラッグまたはファイル選択ダイアログにて選択します。
  5. すると下の図のように表示が切り替わります。

    1. 「文字コード」を Shift-JIS または UTF-8 から選択します。
    2. CSVの最初の行がヘッダの場合は [最初の行がヘッダー行の場合にはチェックしてください] にチェックを入れたままにします。(たいていのCSVファイルがそうなっていると思います)
    3. インポート前に現在のアドレス帳をクリアしたい場合は [インポート前にアドレス帳を削除する] にチェックを入れます。現在のアドレス帳に追加したい場合はチェックしてはいけません。

    選択終わったら [次へ] をクリックします。

  6. 指定されたCSVファイルのヘッダー行及びその次の行のデータが表示されます。
    ヘッダー行の内容に沿って、それぞれの項目をRe:lationのアドレス帳のどの項目に割り当てるかを設定します。

    設定が終わったら [次へ] をクリックすることでインポートを行います。

インポートできる項目

  • ふりがな(姓)
  • ふりがな(名)
  • 性別
  • 郵便番号
  • 都道府県
  • 市区町村
  • 住所1
  • 住所2
  • 会社名
  • 部署名
  • 役職
  • ウェブサイトURL
  • 担当者メールアドレス
  • 顧客コード
  • 特記事項
  • メールアドレス1
  • メールアドレス2
  • メールアドレス3
  • メールアドレス4
  • メールアドレス5
  • メールアドレス6
  • 電話番号1
  • 電話番号2
  • 電話番号3
  • ツイッター1

インポートに当たってのヒントと注意

  • 上書きインポートの際、「顧客コード」が同じデータは上書きされます。
  • インポート用のひな形ファイルを得るにはエクスポートをしてください。