リトマス(Litmus Software, Inc.)が自社調べによる最新のメールクライアントのマーケットシェアを発表しています。

これのサイトを見ると、メールがどのデバイスでよく利用されているかがわかります。おそらくデータはアメリカのものだとは思いますが、日本も似たようなランキングになるのではないでしょうか。たとえば2014年4月時点では下記のランキングになっています。

順位 デバイス(サービス) シェア(増減)
1位 Apple iPhone 26% (+0.44)
2位 Outlook 14% (-0.15)
3位 Apple iPad 12% (-0.17)
4位 Gmail 12% (+1.54)
5位 Apple Mail 8% (-0.08)

ランキングサイトではこれまでの推移グラフもあって、iPhone, iPadが堅調に伸びていること、Gmailの利用が急激に伸びていることがわかります。

Gmailの利用がモバイルなのかPCなのかの区別が不明ですが、マーケティングメールなどを作成する際にはこれらのデバイスでの表示を重視したいですね。