ブログを書く際に、適切に小見出しを入れることで読みやすさが増しますよね。もちろん読者の目も引きます。ある程度まとまった文章の記事を掲載する際、小見出しはとっても重要です。

この小見出し、HTMLではhタグで記述しますよね。hタグには1〜6までの種類があります。h1が最大で順次小さくなります。

このhタグは、小見出しとして読者に読みやすさを提供するだけではありません。Web検索用のデータとしても重要な役割を担っています。hタグはサーチエンジンにとっての見出しでもあるんです。ですから積極的にhタグは使いましょう。たとえば下記のように使い分けると効果的ですよ。

Hタグの使い分け

  • H1: 記事およびページタイトル
  • H2, H3: 小見出し・小見出しの小見出し
  • H4: ブログ名や関連ウイジェット名
  • H5: H4と同じに加えて、サイドバー名にも

太字の重要性

また、hタグで見出しを定義する際に、より際立たせたいのであれば太字(b)設定も併記するとよいですよ。もちろん、CSSなどのスタイル定義でhタグへの太字設定がされていないのが前提になりますけれど。

The Anatomy of a Perfect Blog Post: The Data on Headlines, Length, Images and Moreより抜粋と要約