メール共有システム『Re:lation(リレーション)』、『中小企業 新ものづくり・新サービス展』に出展

メール共有システム『Re:lation (リレーション) 』を提供する株式会社インゲージ(本社:大阪府大阪市、代表取締役:和田哲也)が、ものづくり補助事業展示商談会「中小企業 新ものづくり・新サービス展」に出展いたします。

株式会社インゲージの提供する『Re:lation』は、メール共有システム業界で唯一のAI(自然言語の機械学習)エンジンを搭載し、問い合わせに対し最適な回答テンプレートを推薦するAIレコメンド機能を提供しております。
本機能の開発にあたり、ものづくり補助金を活用しており、この度の出展に至ります。
『Re:lation』のAIレコメンド機能を活用することにより、メール対応及び問い合わせ対応時間を平均1/10に短縮することが可能になり、迅速で的確な問い合わせ対応による顧客体験価値の向上に貢献します。
当日は、ブースにて実際の画面をご覧いただきながら『Re:lation』を紹介いたします。ぜひ、ご来場いただきブースにお立ち寄りください。

■『ものづくり補助事業展示商談会「中小企業 新ものづくり・新サービス展」』概要

「中小企業 新ものづくり・新サービス展」は、ものづくり補助事業に取り組んだ事業者が、ものづくり補助金を活用して開発した新しい製品・サービス・技術等の販路開拓・拡大支援のために商談機会を提供し、補助事業者の事業化促進支援を行うものです。

▼イベント詳細・参加申込はこちら(無料) 
https://www.shin-monodukuri-shin-service.jp/
——————————————————————
●開催日時:2020年12月7日(月)~9日(水)
——————————————————————
●主催: 全国中小企業団体中央会
——————————————————————
●会場: 東京ビッグサイト 青海展示棟Aホール
https://www.bigsight.jp/visitor/access/aomi/
——————————————————————
●参加費: 無料
——————————————————————

■『Re:lation(リレーション)』について

『Re:lation(リレーション)』は、メール、LINE、Twitter、チャット、電話対応などの複数のお問い合わせ窓口を一元管理し、チームで共有することで、顧客対応の効率化・品質向上ができるクラウドサービスです。
『Re:lation』は複数人で問い合わせに当たることを前提に、二重返信防止、未対応案件が一目瞭然のステータス管理、承認機能などの機能を備え、対応ミスや漏れを未然に防ぎ「一人ひとりと向き合える」顧客対応システムです。異なるチャネルの応対履歴をワンクリックで確認できるタイムライン機能など独自機能を搭載し、顧客増加数No.1のメール共有クラウドサービスです。
昨今のテレワーク・在宅勤務等の新たな働き方の普及とともに、コミュニケーションのチャネルも複層化し、一元管理をするツールがいま新たに求められています。『Re:lation』は、顧客対応クラウド市場において最多のチャネルを統合できるサービスであると同時に、インターネット環境さえあればテレワークや在宅勤務、あるいは地方拠点での勤務であっても、同じチーム・部署内のメールを共有することができます(※1)。
問い合わせ業務の効率化・対応品質の向上に寄与し、デザイン性も優れている点が高く評価され、EC事業者・コールセンターを中心に2,600社以上の導入実績があり、2019年にはメール共有クラウド市場では唯一グッドデザイン賞を受賞しております。また大企業・大人数での利用にはセキュリティ機能も重視された『Re:lation for Biz』もラインアップされています。

Re:lationhttps://ingage.jp/relation
Re:lation for Bizhttps://ingage.jp/relation-biz/

■ 本リリースに関するお問い合わせ先

株式会社インゲージ カスタマーサクセス部
電話番号:050-3116-8373
メール:contact@ingage.jp

Share this post

Start typing and press Enter to search

Shopping Cart