「Re:lation(リレーション)」2021/4/9 アップデート情報

「Re:lation(リレーション)」にて 4/9に下記のアップデートを行いましたのでご連絡いたします。

アップデート内容

  1. 新規メールを作成する時に、テンプレート機能に含まれる宛先に関連する予約語が使えるようになりました。
  2. 自動返信の設定にて「添付ファイル名」を条件に追加した際にエラーとなる問題を修正しました。
  3. 応対メモを作成し、記録する際に「チケット分類」の上限もしくは下限に関するエラーが出ると、再編集ができなくなる問題を修正しました

1について
Re:lationでは、メールを作成・返信する際に「テンプレート機能」をチームでお使いいただくことで、メール作成の効率化やメール品質の均一化にご活用することが可能です。詳細は「テンプレートを作成・編集・削除するには」からご確認ください。

その際、「予約語」と呼ばれるキーワードを用いることで、アドレス帳に登録されている企業名や担当者名などを自動的に挿入できることができます。

今回のアップデートにより、これまで返信文のみ可能であった、アドレス帳に登録されている企業名や担当者名などの「予約語」が、メールを新規作成する場合にもお使いいただけるようになりました。以下の図のように、宛先を選んでからテンプレートを読み込むことで、お送り先の企業名や担当者名が自動的に挿入されます。

ご注意:Internet Explorerをお使いの皆さまへ

以前よりご連絡させていただいておりましたが、2021年3月31日をもって『Re:lation』はIntenet Explorerのサポートを終了しております。そのため、2021年4月1日以降のアップデートにより、Intenet Explorerでは一部機能がお使いいただけなくなる可能があります。予めご了承ください。
詳しくは「Internet Explorer サポート終了のお知らせ」をご覧ください。

過去のアップデート情報はこちらからご覧いただけます。
今後ともRe:lationをよろしくお願いいたします。

Share this post

Start typing and press Enter to search

Shopping Cart