インゲージ、EC/D2CメーカーのLTV向上実現に向けてSUPER STUDIO社と包括的な事業提携を強化

2023.12.15

Re:lation×ecforceの連携強化で顧客対応を自動化、新たなデータ活用や顧客体験の最大化を目指す

問い合わせ管理ツール「Re:lation(リレーション)」を展開する株式会社インゲージ(本社:大阪府大阪市、代表取締役CEO:和田 哲也、以下:インゲージ)は、統合コマースプラットフォーム「ecforce(イーシー・フォース)」を提供する株式会社SUPER STUDIO(所在地:東京都目黒区、代表者:代表取締役 CEO 林 紘祐、以下:SUPER STUDIO)と、EC/D2Cメーカーの顧客体験の最大化によるLTV向上を目指し、カスタマーサポート領域における包括的な事業提携を強化することをお知らせいたします。今後は「Re:lation」と「ecforce」とのシステム連携強化により顧客対応の自動化などを実現してまいります。

また、EC事業LTV向上研究会(仮)の立ち上げにより、両社で新たなデータ活用や顧客体験のあり方を模索し、EC/D2Cメーカーの事業成長を支援してまいります。

■事業連携強化に至った背景

昨今のデジタル広告のCPA(顧客獲得単価)高騰により、EC/D2Cメーカーが事業成長していくためには、LTV(顧客生涯価値)の向上が喫緊の課題となっています。LTVの向上においては顧客体験の最大化が不可欠ですが、中でもカスタマーサポート領域における取り組みに注目が集まっています。顧客に対するコミュニケーションの丁寧さと迅速な対応を求められるカスタマーサポートの存在は非常に重要ですが、一方でカスタマーサポートの業務は人的リソースがかかるケースが多く、業務効率化の観点でもEC/D2Cメーカーにとっての課題となっています。

インゲージが提供する「Re:lation」では、これまでSUPER STUDIOが提供する「ecforce」とシステム連携を開始し、顧客対応ミスによる炎上や送信事故を防止するなど、EC/D2Cメーカーのカスタマーサポート領域における支援を行ってまいりました。

そしてこの度、SUPER STUDIOと包括的な事業提携を強化することで、より高度なカスタマーサポート業務の自動化に取り組み、顧客体験の最大化、そしてLTV向上に寄与するための業務効率化を実現してまいります。また、EC事業LTV向上研究会(仮)の立ち上げ等により、今後は「Re:lation」に蓄積されるVoC(※1)のデータと「ecforce」の売上データの統合などを始めとした新たなデータ活用を模索し、実証実験やシステム連携などを通してカスタマーサポート領域での顧客体験の最大化によるLTV向上を実現することで、EC/D2Cメーカーの事業成長の支援を強化してまいります。

※1 「Voice of Customer」の略で、顧客から企業への意見や要望を総称したもの。 電話やメール、チャットやSNS、アンケートなど様々な形で収集することができる顧客の声。

■統合コマースプラットフォーム「ecforce」について

マーケティングからサプライチェーンまでコト、モノに関わる全ての人々の顧客体験を最大化するECカート成長率No.1*の統合コマースプラットフォームです。オンラインとオフラインのデータを統合管理し、ECビジネスの最適化に留まることなく、モノづくりのビジネス全体を最適化することを目指しています。これにより、オンラインとオフラインがシームレスに繋がり、「コト、モノにかかわる全ての人々の顧客体験を最大化する」というSUPER STUDIOのミッションを実現します。

※有料市場調査レポートより自社調べ。尚、当該調査レポートについては、調査機関において調査依頼を行い、当該調査に承諾したSaaS型ECサイト構築市場に該当する企業のみを比較対象として選出 / SaaS型ECサイト構築市場における売上上位8社のみを対象、自社プロダクトを提供していない企業を除く / 集計期間:2022年4月〜2023年3月

詳細や、お申し込みは下記リンクをご参照ください。

https://ec-force.com/

■株式会社SUPER STUDIOについて

会社名:株式会社SUPER STUDIO
代表者:代表取締役 CEO 林 紘祐
所在地:東京都目黒区下目黒2-23-18 目黒山手通ビル 7F/8F
事業内容:統合コマースプラットフォーム「ecforce」の開発・提供/D2C事業
コーポレートサイト:https://super-studio.jp/

■問い合わせ管理ツール「Re:lation」について

「Re:lation(リレーション)」は、複数の問い合わせ窓口を一元管理し、チームで共有できる顧客対応クラウドです。メール、電話、チャット、LINEなど多様化するコミュニケーションサービスを一つの画面で扱えるため、顧客との接点が増え複雑になった問い合わせを簡単に一元管理できます。

さらに、二重返信や対応漏れを防止するステータス管理やWチェックが簡単にできる承認機能といった、複数人での問い合わせ対応で生じがちな様々な課題を解決する機能を備えています。テレワークなど多様な働き方にも対応し、業務効率化と可視化を実現して人材教育にも貢献します。

「Re:lation」は、EC事業者・コールセンターをはじめ、幅広い業種・業界で使われ、リリース9年で導入社数は5,000社を超えました。使いやすさを追求したデザインは高く評価され、グッドデザイン賞を受賞しています。

「Re:lation」サービスサイト: https://ingage.jp

■株式会社インゲージについて

会社名:株式会社インゲージ
代表者:代表取締役CEO 和田 哲也
本社所在地:大阪市北区芝田1-14-8 梅田北プレイス
事業内容:クラウドサービスの開発・提供、コミュニケーションプラットホーム「Re:lation」の開発・提供
コーポレートサイト:https://ingage.co.jp/

■本リリースに関するお問い合わせ先

株式会社インゲージ 広報担当:西澤
TEL: 050-3116-8373
E-mail:pr@ingage.jp

株式会社SUPER STUDIO 広報ユニット 担当:金子
TEL:03-5759-6380 
E-mail:press@super-studio.jp

Recent Posts

  • 2024.6.7

    顧客対応クラウド『Re:lation』、添付ファイルのURL化機能をリリース

  • 2024.5.22

    インゲージ、「イーコマースフェア 大阪 2024」に出展

  • 2024.5.10

    監査役の就任

  • 2024.5.10

    顧客対応クラウド『Re:lation』、よりスムーズな顧客対応の実現に向け『ecforce』とのAPI連携をアップデート

  • 2024.4.26

    ゴールデンウィーク期間のサポート対応休止期間のお知らせ