インゲージ、バックオフィスの最前線が学べる「ランスタWEEK 2024 Winter」に登壇

2024.2.7

より効率的にサブ業務に対応し、本来注力すべき「コア業務」に集中できる環境構築に役立つノウハウをお話しします

顧客対応クラウド『Re:lation(リレーション)』を開発・提供する株式会社インゲージ(本社:大阪府大阪市、代表取締役CEO:和田 哲也)は、2024年2月14日(水)~2月20日(火)にオンラインで開催される「ランスタWEEK 2024 Winter」に登壇することをお知らせいたします。

■登壇プログラム

日時:2024年2月19日(月)12:35~13:00
テーマ:~社内からの問合せ対応に時間を取られていませんか?~ バックオフィスにこそ必要な、サブ業務効率化とは
登壇者:株式会社インゲージ 営業部マーケティングチーム マネージャー 橋本 律

詳細URL:https://www.manegy.com/lunchstudy/event2024_13/detail08.html

<こんな方におすすめ>

・自部署のコア業務に注力する環境づくりを行いたい管理職の方
・間接部門と直接部門の情報共有に課題を抱えられている方
・業務の属人化へのリスクヘッジの方法にお悩みの方
・既存の業務を圧迫しないシステムの導入により業務効率化を図りたい方

■ウェビナー概要

名称:「ランスタWEEK 2024 Winter」
日時: 2024年2月14日(水)~20日(火)
形式:オンライン
主催:株式会社MS-Japan

詳細URL:https://www.manegy.com/lunchstudy/event2024_13/

■『Re:lation』について

『Re:lation(リレーション)』は、複数の問い合わせ窓口を一元管理し、チームで共有できる顧客対応クラウドです。メール、電話、チャット、LINEなど多様化するコミュニケーションサービスを一つの画面で扱えるため、顧客との接点が増え複雑になった問い合わせを簡単に一元管理できます。

さらに、二重返信や対応漏れを防止するステータス管理やWチェックが簡単にできる承認機能といった、複数人での問い合わせ対応で生じがちな様々な課題を解決する機能を備えています。テレワークなど多様な働き方にも対応し、業務効率化と可視化を実現して人材教育にも貢献します。

『Re:lation』は、EC事業者・コールセンターをはじめ、幅広い業種・業界で使われ、リリース10年で導入社数は5,000社を超えました。使いやすさを追求したデザインは高く評価され、グッドデザイン賞を受賞しています。

『Re:lation』サービスサイト: https://ingage.jp

■株式会社インゲージについて

本社所在地: 大阪市北区芝田1-14-8 梅田北プレイス
代表者: 代表取締役CEO 和田 哲也
事業内容: クラウドサービスの開発・提供、コミュニケーションプラットホーム『Re:lation』の開発・提供
コーポレートサイト: https://ingage.co.jp

■本リリースに関するお問い合わせ先

担当者: 株式会社インゲージ 広報担当 西澤あずさ
TEL: 050-3116-8373
E-mail: pr@ingage.jp

Recent Posts

  • 2024.2.9

    インゲージ、「イーコマースフェア 東京 2024」に出展

  • 2024.1.31

    Gmail 送信者ガイドライン変更の影響と対応について

  • 2024.1.31

    顧客対応クラウド『Re:lation』、地方自治体向けのクラウドゲートウェイサービス『moconavi LGWANクラウドゲートウェイサービス』と連携

  • 2024.1.25

    BtoB向けSaaS『Re:lation』を展開するインゲージが都銀3行より融資枠を含む総額4億円の資金調達を実施(これまでの累計調達額は21億円)

  • 2024.1.12

    インゲージは創業10周年を迎えました