顧客対応ツール『Re:lation』が『R-Messe問い合わせ管理』に対応

 株式会社インゲージ(本社:大阪府大阪市、代表取締役:和田 哲也)は、問い合わせ対応コミュニケーションクラウド『Re:lation (リレーション) 』にて、楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史)が運営する楽天市場の『R-Messe問い合わせ管理(以下、R-Messe)』にて、受信したメッセージの内容をRe:lationで確認・対応できるようになったことをお知らせいたします。

R-Messe新機能について

『Re:lation』では、新しいコミュニケーションツールも積極的に取り入れることで、より多くの顧客のニーズに応え、問い合わせ業務の効率化、品質向上に寄与しています。
このたびの新機能では、楽天市場のお客様からの『R-Messe』での問い合わせに対し、『Re:lation』上でメールやTwitter、LINEと同一操作・同一画面で対応可能になります。
これにより迅速な顧客対応を行うことが可能になり、お客様とのコミュニケーション機会を最大化します。

企業のコミュニケーションは、電話やメールだけに限らず、チャット・LINEなど複層的に変遷している一方で、完全な移行まではされておらず、対応者は二重・三重の管理に追われている現状があります。
このたびのR-Messe対応により、増え続ける問い合わせ対応者の負担を圧倒的に軽減し、問い合わせ業務の効率化、品質向上により企業価値を高めることができます。

連携イメージ図
『Re:lation(リレーション)』について

『Re:lation(リレーション)』は、メール、LINE、Twitter、チャット、電話対応などの複数のお問い合わせ窓口を一元管理し、チームで対応できるコミュニケーションクラウドです。
チームでお問い合わせを共有し、分担して業務にあたることで、業務負担を分散できるほか、お互いの業務の見える化にもつながります。
『Re:lation』は複数人で問い合わせに当たることを前提に、二重返信防止、未対応案件が一目瞭然のステータス管理、承認機能などの機能を備え、対応ミスや漏れを未然に防ぎ「一人ひとりと向き合える」顧客対応システムです。
メール・LINE・チャットなど異なる窓口からの問い合わせも、過去のやり取りをひとまとめに確認できるタイムライン機能、添付ファイルや予約語設定も可能なテンプレート・フレーズ共有などの機能により、応対スピードも、応対品質も飛躍的に高まります。
このように、人によってばらつきのあるメールの質を一定に保ち、属人化しがちなメール業務のノウハウをチームの共有知に変えることができます。

問い合わせ業務の効率化・対応品質の向上に寄与し、デザイン性も優れている点が高く評価され、EC事業者・コールセンターを中心に約2,000社の導入実績があり、2019年にはグッドデザイン賞を受賞しました。

Re:lation(リレーション)
https://ingage.jp/relation/

楽天出店企業様に特にオススメのRe:lation機能

 ◯楽天あんしんメルアドサービス設定
  楽天市場を通じて送られてくる楽天マスクアドレスに対して、ダイレクトに返信することができる機能です。Re:lationで一元管理することができますので、見逃しや対応漏れも起こりません。

 ◯外部システム連携
  さまざまなカートシステムやCRMと連携し、Re:lationからワンクリックで顧客情報や購買情報を参照することができます。届いたメールからお客様のお名前やメールアドレスをもとに検索する手間をなくします。

 ◯携帯メールアドレスオプション
  Re:lationから KDDI社のメールサーバを利用してメールを送信することができます。キャリアのメールアドレス宛にもメールを確実に届けたいという希望を叶えるオプションです。

今後は楽天市場出店企業様への支援も含め、より一層のサービス向上を目指して社員一同努めてまいります。

リリースを記念したキャンペーンについて

株式会社インゲージではR-Messe連携のリリースを記念して、3月31日までにお申込みいただいた方限定でオプション費用がお得になるキャンペーンを開催いたします。
詳細はこちらからご確認ください。
https://ingage.co.jp/?p=8654

「R-Messe」とは

「R-Messe(アールメッセ) 問い合わせ管理」とは、ユーザーと楽天市場出店企業がメッセージ形式で気軽にやり取りが行える楽天市場内の問い合わせ管理ツールです。楽天市場内でユーザーから出店企業宛に質問が入ると、出店企業はR-Messeを使ってユーザーへ返信、その後のやり取りを行えるようになります。

クラウドサービスについて

Re:lationはクラウドサービスとして提供されます。インターネットに接続されていれば、世界中のどこからでも利用できます(※1)。また、ソフトウェアのインストール無しに利用できますので、利用するPCが壊れても別のPCにて引き続き利用することができます。データはISO27001(ISMS)取得企業である株式会社インゲージが保守・運用しますので、新たな運用コストの必要がありません。そのため、利用する企業側でのITコストを大幅に下げることが可能となります。

Re:lation利用環境

Re:lationはソフトウェアのインストールやわずらわしいアップデートが不要なクラウドサービス(SaaS/ASP)として提供されます。利用に必要な環境は下記の通りです。

・インターネット接続環境
・Windows または Mac
・Internet Explorer 11以降・Edge・Chrome・Firefox・Safariブラウザ

株式会社インゲージについて

本社所在地:大阪府大阪市北区西天満三丁目14-6 センチュリー西天満ビル 9F
代表者  :和田 哲也
事業内容 :企業向けクラウドサービスの開発と提供
企業サイト:https://ingage.co.jp

補足

※1 接続できるネットワーク環境を限定することも可能。(プランにより設定)
この文章内に記載されている企業名、サービス名、製品名は一般に各企業の登録商標または商標です。なお、本文および図表中に「™」、「®」は明記しておりません。

本リリースに関するお問い合わせ先

株式会社インゲージ カスタマーサクセス部 石丸(いしまる)
電話番号:050-5212-6355
メール :contact@ingage.jp

Start typing and press Enter to search

Shopping Cart