クラウド型メール管理システム Re:lation(リレーション)におきまして、2015/8/24に下記のアップデートを行いました。

アップデート内容:

  • ゴミ箱内のメッセージを完全に削除する機能を追加しました。
  • ゴミ箱、迷惑メールへの作業履歴を表示するようにしました。
  • 未対応だけでなく、どのような状態からでも迷惑メール指定ができるようにしました。
  • メッセージにラベルをセットする際のラベル選択にて、ラベルが多いときにはスクロールできるようにしました。
  • 「クエリ(ラベル)を作成…」のリンクを削除しました。(+ボタンでの作成は従来通り可能です)
  • ラベルの作成にはマネージャ以上の権限が必要としました。
  • オペレータまたはアシスタントのユーザは、ゴミ箱への移動・迷惑メール設定ができないようにしました。
  • 転送したメールにはそれがわかるように転送アイコンをつけるようにしました。
  • コメント内の URL をリンク化するようにしました。
  • システムにて迷惑メール判定されたものはその旨履歴に表示するようにしました。
  • メール送信時、添付したファイルが大きすぎる場合のメッセージが分かりにくかった問題を修正しました。
  • ケースのタイトル・色分けが変更された際、リアルタイムに反映しない不具合を修正しました。

Re:lation情報サイトへのリンク

(Visited 7 times, 1 visits today)